16個の無料動画再生ソフトを比較!windows10対応高画質プレイヤーあり

Windows Media Player無料ダウンロード方法!Windows10日本語インストール

Windows Media PlayerはWindowsに元々入っている人もいるかと思います。ですからWindows Media Playerを使用している需要はかなり多いと思います。

Windows Media Playerを間違って削除してしまった人や元々パソコンに入っている人、入っていない人など色んなケースでダウンロードやインストール方法を解説していきます。

その前にWindows Media Playerの詳細を簡単に説明しておきます。

 

開発者:マイクロソフト
開発国:アメリカ ワシントン
対応OS:Windows 98、2nd Edition、Me、NT、2000、XP、Vista、7、10、MacOS7、8、9、X、Solaris
対応形式:
.wma/.asf/.asx/.wax/.wvx/.wvx/.wpl/.dv/.wmv/.wmr-ms/.wmd/.avi/.mpg/.mpeg/.midi/.rmi/.m1v/
.mp2/.mp3/.mpa/.mpe/.aiff/.3gp2/.3gp/.au/.aif/.aifc/.snd/.wav/.cda/.ivf/.wmz/.wms/.mov/
.m4a//.m3u/.mid.mp4/.m2ts/.flac/.m4v/.mp4v/.3g2/.3gpp/.aac/.adt/.adts

 

この動画ソフトの開発者はあの天下のマイクロソフトですのでセキュリティ面も申し分がないでしょう。下手したらサポートセキュリティでは1番かもしれませんね。

対応OSによってWindows Media Playerバージョンが異なりますので注意しましょう。誰もが最新バージョン12を使いたいと思いますがOSが対応していない場合がありますので注意。

Windows Media Player最新バージョン12はWindows7~10で使えます。8.1だったらDVDの再生ができなかったり7Nだったらメディアパック機能を新しく入手しなければいけなかったりと完全な感じではできませんが再生するだけならほとんど変わりません。ちなみにWindows12はWindows Media Player7~10は元々搭載しています。

 

Windows Media Player Windows10インストール方法(日本語)

元々パソコン内の設定に入っている人はそのまま動画を再生すれば可能でしょうが何かの不具合や間違ってアンインストールをしてしまった人は確認の意味でも見て置きましょう。もちろん日本語でインストールされます。

※この行程でアンインストールもできます。

 

1.まず左下の「スタートメニュー」をクリックします。

 

2.電源の上の歯車のようなボタンを押して設定をクリックします。

 

3.次に「アプリ」をクリックです。

 

4.中央やや下の「アプリと機能」がありますがその下の「オプション機能」をクリック!

 

5.元々入っている人はこの下にWindowsmediaプレイヤーがあります。見当たらないという人はここで確認ができます。また動作がおかしいなどの場合も一度ここでアンインストールしてから再度この行程を踏んでインストールし直すと直る場合があります。

アンインストールする人はこの場所でアンインストール!インストールしたい人は「機能の追加」をクリック!

 

6.ここでは3点行ってほしいのですが見つけやすくするためにWindows Media Playerの頭文字「w」を入れましょう。そうすると絞り込みしますので数個しか出てきません。

Windows Media Playerの左のチェックボックスをクリック一番下のインストールを押せばOKです。簡単ですね♪

 

 

Windows8.1と7の場合のインストール方法(日本語)

基本的にWindows7と8.1の場合は同じ肯定で有効化ができます。7と8.1はインストールやアンインストールは出来ないので有効化無効化という言い方になります。

10とは項目の言い方などが少し異なります。

スタート⇒機能→Windowsの機能の有効かまたは無効化⇒メディア機能→Windows Media Playerの左のボックスにチェック⇒OKをクリック⇒再起動

Windows7の場合は再起動をしなければいけない点が面倒ですね。これで有効化ができるかと思います。メディアパックを入手するにはこちらのサイトでダウンロード可能です。

 

Windows Media Player無料ダウンロード(日本語)

 

通常の無料ダウンロードも説明致します。ソフトはUPTODOWNやSOFTONIC、malavida等のダウンロードサイトから入手ができます。

Windows Media Player

malavida Windows Media Player7~10入手可windows10はできない。xpや他のOSしかダウンロードできない
SOFTONIC Windows Media Player11~12入手可
UPTODOWN Windows Media Player 12

 

1.softonicは最新バージョンのWindows Media Player12があったのでダウンロードはこのサイトにします。

緑色の箱「無料ダウンロード」をクリックします。アンチウィルス(Avast Antivirus)の窓が出てくる場合がありますので一緒にダウンロードしてしまわないように出て来た場合は✖で消しましょう。

2.これがWindows Media Player12のインストールフォルダです。このアイコンをダブルクリックします。

3.こちらは利用規約ですね。「Acept」(合意)をクリックして進みます。

このまま次へ次へを押して完了すればインストールは完了しますがこのよう窓が出る方がいると思います。

これは何を書いているのかというと「PkgMgr.exeは非推奨になりました。 スクリプトを更新して、DISM.exeを使用して、Windowsの機能とパッケージをインストール、アンインストール、構成、および更新してください。」とう記述です。インストールするOSによってはDISMが機能しないようです。WMP機能は様々なものに依存しているためOSによってはインストールはできないようです。

コマンドプロンプトを利用してというやり方はあるようですが運営元的にはできないと回答していました。そもそも新しいバージョンのWindowsにはウィンドウズメディアプレイヤーが入っていますのでそのせいかもしれませんね。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。