16個のおすすめ無料動画再生ソフトを比較!windows10対応高画質プレイヤー等

動画再生されない15の理由一覧!簡単な対処方法もやさしく解説!


吹き出し女性
原因不明・・なぜかビデオが再生されないという経験を少なからず一度はしたという方はいるでしょう。動画が再生されないと言っても何から調べて良いのか?理由が多すぎて一つ一つ調べるのはとても大変です。私がこれ以上ないというぐらいに探してみた結果と簡単な対処方法も記載してみました。これのどれかに当てはまる可能性は高いと思いますよ♪

動画再生されないさまざまな理由15選!

動画がプツリプツリしたりぼやけたりギクシャクする

こうなる原因として録画またはダウンロードしたビデオである可能性が多く見受けれます。どうでしょうか?そういった場合ですとビデオ品質の低下、SDカードの破損、ビデオ撮影中のカメラの不具合、コーデックの問題または古いメディアプレーヤーが原因である可能性があります。

別のメディアプレーヤーでビデオを再生して見てください。メディアプレイヤーあると原因が特定されます。Windowsmediaplayerのように最初から導入されているものはドライバーを更新するのも一つです。

同様にファイルやSDカードを別のもので試してください。

 

ファイルが破損している動画ファイル

ファイルが単純に破損している動画再生されません。リカバリ―ソフトなどでビデオファイルを回復できる可能性があります。

Stellar Repair for Videoというソフトを使って破損したビデオを修復します。ソフトウェアは安全でマルウェアはありません。ドライブやメディアに保存されているひどく破損したビデオファイルでも修復するのに十分な能力があります。

 

動画が遅いまたはビデオの再生が遅い

ビデオの再生が遅いなどバッファリングに時間がかかったりして非常に煩わしい時があります。問題はインターネットの速度、ブラウザ、コンピュータまたはビデオファイル自体が原因である可能性があります。

ビデオの再生速度が遅い問題を解決するには、まずキャッシュと一時ファイルを削除してブラウザを修正します。ビデオカードドライバを更新するか、設定でハードウェアアクセラレーションを無効にします。またWi-Fi経由であれば直接ケーブルに繋げると速度が向上する可能性があります。

これらの方法のいずれも機能しない場合は、ビデオファイルに問題がある可能性があります。破損している可能性があります。Stellar Repair forVideoなどのサードパーティの修復ツールを使用します。あらゆる種類の動画ファイルの破損を修正をしてくれます。絶対ではないですが試す価値はあります。

 

動画編集中にPCがクラッシュ、遅延する

これは動画を編集する特定の人の場合ですが重いファイルのビデオ編集中に、PCがクラッシュしたり、速度が遅くなったりすることがあります。コンピュータが編集ソフトウェアの仕様を満たしていない可能性があるためだと考えられます。編集を続けているとビデオの破損や損失につながる可能性があります。

この問題を修正するには、コンピューターがRAM、CPU、GPUの観点から可能な限り最高のシステム要件を満たすものを購入するか確認する必要あります。OS、デバイスドライバーの確認および編集ソフトウェアを更新したりも良いでしょう。編集ソフトを使用する前に一度インターネットを切断するのも良いです。

 

同期していないビデオまたはオーディオビデオの遅延の問題

非同期または不一致のオーディオは動画が再生しなかったり遅延する事があります。VLCプレーヤーという動画プレイヤーでオーディオビデオ同期またはラグの問題を手動で設定することにより一時的に修正できる事があります。もうひとつ一度試す価値のある手動の方法は、ドライバーを再インストールし、システムでシステムリセットを実行することです。

 

ビデオに音が出ない

ビデオの再生中に音が出ない場合は、外部スピーカーの接続が適切であることを確認してください。システムのデバイスマネージャからサウンドドライバを更新します。これが機能しない場合は、システムでオーディオドライバをアンインストールしてから再インストールしてみてください。

PCのオーディオトラブルシューティングでもオーディオの問題を解決できる場合があります。トラブルシューティングを実行するには、[スタート]タブに移動し、「トラブルシューティング」と入力して、結果のリストから「トラブルシューティング」を選択し、「オーディオの再生」⇒「トラブルシューティングの実行」を選択します。

 

スローモーションで動画再生される

インターネットの動画でも動画ファイルの動画再生であってもスローモーションで再生されますか?

動画の問題としてWindows MediaPlayerまたはQuickTimePlayerの設定で速度を調整することで解決する事があります。システム内のメディアプレーヤーとビデオドライバーを更新すると、スローモーションで再生されているビデオを修正する事があります。

 

ビデオコーデックがないため動画がサポートされない

必要な「ビデオコーデックがコンピューターにインストールされていないため、Windows MediaPlayerはファイルを再生できません」と表示していませんか?
このようなコーディックエラーは、システムにビデオファイル形式のサポートコーデックがないため表示されます。コーデックファイルは、デジタルデータのエンコードとデコードが必要です。

コーデックを自動的にダウンロードするようにWindowsMediaPlayerを構成します。ビデオエラーが表示された場合、コーデックはビデオをサポートしていません。最初に古いコーデックをアンインストールし目的のコーデックパックを入手してください。コーデックはサードパーティベンダーからも入手できますが他の動画プレイヤーを使用してみる方が早そうですね。

 

M4VファイルでQuickTimeエラー

PCにインストールされたQuickTimeは、インターネット経由でブロードキャストされた保存済みのムービーやビデオを再生できますがM4VファイルをQuickTimeでビデオを再生すると再生できない場合があります。これは、ウイルス感染、Windowsレジストリの破損、またはQuickTimeアプリケーションの不完全なインストールが原因で発生する可能性のあるWindowsシステムファイルエラーです。

エラーを解決してM4Vビデオを表示するには、時間のかかる難しい手動の方法を調べるのではなくビデオ修復ソフトウェアを使用することも一つですね。

 

YouTubeビデオの再生時にMacBookProがクラッシュまたはフリーズする

YouTubeビデオの視聴中に、MacBookがクラッシュしたり、フリーズしたり、応答しなくなったりすることがあります。YouTubeビデオをスムーズに再生するには更新されたブラウザ、最新のAdobe Playerまたは高速インターネットでの接続が必要です。これらのいずれかが欠落している場合、YouTubeビデオの再生中に問題が発生します。

Safariなどのブラウザを使用している人はプラグインを無効にすると、YouTubeビデオをスムーズに再生できる場合もあります。

 

動画を再生すると黒い画面になる

ビデオを開いたときに黒い画面が表示されるのはびっくりしますよね。問題は、コーデックの欠落、古いビデオドライバ、読み取り/書き込みエラー、フォーマットの変更などが考えられるでしょう。

ブラックスクリーンの問題を解決するには、システムのディスプレイ設定に移動して、ビデオカードのハードウェアアクセラレーションを手動で減らすことです。他のメディアプレーヤーまたは最新のドライバーを再インストールすることも役立つ場合があります。

 

Windows10や11アップグレード後にビデオの歪みが出た

Windows 10ユーザーは、アップグレード後のビデオの歪みについて結構な人が不満を持っているようです。症状としてはビデオが引き伸ばされてたり壊れたりピクセル化されていた場合がありました。問題は、ハードウェア障害、CPUの障害、グラフィックドライバーまたはビデオプレーヤーの問題が原因である可能性があります。

Windows10や11のアップグレード後のビデオの歪みの問題を解決するためにビデオプレーヤーの更新、グラフィックドライバーの更新、ブラウザーキャッシュのクリーンアップ、およびハードウェアアクセラレーションの無効化をすると良いでしょう。問題が解決される場合があります。

 

破損または破損したMP4ファイル

ハードドライブ、SDカード、ペンドライブなどに保存されているMP4ファイルは、ウイルス感染、突然のシステムシャットダウンやソフトの破損によって引き起こる可能性があります。

壊れたMP4ビデオを復元するにはStellar Repair forVideoを使用するのも一つです。

またVLC Media Playerを使用して、ビデオの小さな損傷を修正することもできます。システムのビデオドライバを最新バージョンに更新するのも役立つ場合があります。

 

動画にちらつきがある

ビデオのちらつきは、撮影中にカメラのフレームレートとシャッタースピードを押すタイミングなど光パルスの要因でそうなってしまう場合があります。

ビデオを再撮影すれば良いのですがこれは出来ない場合もあるかと思います。ビデオ編集ソフトウェアでフィルターとプラグインを使用して、問題を修正することもできます。

 

エクスポート後になぜか動画の品質が落ちている

動画編集ソフトウェアで完全に再生されるビデオは、エクスポート時にノイズが多くなり品質が低下する事があります。エクスポート設定の組み合わせが間違っている、古いグラフィックドライバー、サポートされていないファイル形式、または互換性のないコーデックが原因である可能性があります。

コンピューターを再起動して、再度エクスポートします。別のメディアプレーヤーでビデオを再生するのも良いでしょう。特殊効果を削除してからエクスポートしても問題が解決する場合があります。またエクスポート設定がソースビデオクリップの品質と形式に合っているかも重要です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。