16個のおすすめ無料動画再生ソフトを比較!windows10対応高画質プレイヤー等
4K動画

4kを動画再生できない!PCのスペックは?(Windows、Mac、Android、iphone等)


4Kの解像度の動画はテレビのみで行われて来ましたがPCで4Kビデオを再生するにはシステムの要件などはどうすれば良いのでしょう。
満たすべき最小スペックを説明します。

4Kの動画を再生するためのスペックは?

吹き出し女性
4Kの解像度(4096×2160ピクセル)のビデオですがここ数年の間に大きく市場を拡大して行きました。
しかしテレビと違ってコンピューターで再生するのは簡単ではなくスペックを見る必要あります。
パソコンが古い場合は時代的に4Kが普及しておらずスペックも低いため新しい外部プレイヤーを購入する事になります。
4KUHDビデオを再生またはストリーミングするための最小ハードウェア要件を記載しておきます。
・解像度が3840×2160以上のモニターまたはテレビ
・Intel第4世代(HaswellベースのCPU)またはAMD A10 – 7800APUを超える物
・Geforce GTX 750ti(Geforce GTX 970を推奨)
・グラフィックカード4GB以上のRAMとなります。
お使いのコンピューターがこれらの仕様を満たしている場合でも、4Kビデオの再生が途切れる場合があります。これは、4Kを再生するために必要な膨大な処理能力によるものです。
一般に、2016年より前に製造されたコンピューターは、HEVCファイルを適切に処理できない可能性があります。

★WindowsデスクトップPC

 4K / AVC&4K / HEVC
CPU同等以上の第7世代IntelCorei7プロセッサー
グラフィックスカードNVIDIA GeForce GTX1050以上
RAM4GB以上’8GB推奨)
OSWindows7以降

※同じ仕様のノートパソコンではファイルが再生されない場合があります。

★Mac

 4K / AVC4K / HEVC
ハードウェアMacBook –2013以降27インチiMac–2015年後半以降 MacBook–2016年初頭以降

MacBook Pro –2016以降

OSOS X10.10ヨセミテ以降macOS10.13ハイシエラ以降

 

★モバイル機器

Android 4K / AVC&4K / HEVC
モデルサムスンギャラクシーS7同等以上
OSAndroid 7.0Nougat以降

 

iOS4K / AVC4K / HEVC
モデルiPhone5S以上iPhone6以降

iPad Air2以上

OSiOS9以降iOS11以降

 

WindowsやMacで4K動画を再生するための要件

その前にいくつかの説明する必要があります。

・Windowsの4KとMacのUHDは同一のものと思われがちですが異なるものです。
4Kの解像度は4096×2160ピクセルで主に映画業界で使用されています。
UHDの解像度は3840×2160ピクセルで高さは同一ですが幅は4Kよりも狭くテレビなどで放送されるタイプの動画です。

・HDR:4KやUHD意外にもHDRというも一つの概念があります。
使用するHDRのタイプに応じて最大10ビットまたは12ビットまで増やすことでパネルが提供できる色の数を指数関数的に増やすことができるものです。

これらの概念を説明した理由は再生したいファイルの種類や特性に応じて動画プレイヤーがどれであるか把握する必要があるからです。
4K8ビット動画であれば再生は出来ますが最高品筆で動画を見たい方はフレームでHDRを使用するなどシステムに互換性がある必要があります。

UHDの動画の解像度はHDの4倍です。4倍のピクセル数でより鮮明で高品質の画像となります。ですから4Kを再生するには大きな処理能力を有するので
使う機材に注意を払う必要あります。

4Kモニター画面

パソコンモニターパソコンモニターまたはテレビは4K解像度をサポートするモニター画面が必要です。
さらに4Kの鮮明度をフルで発揮したい場合は高機能で8ビット以上の色を目指したHDMI2.0ケーブルを使用する必要があります。

値段は高め市販でどこにでも売られているものです。

マルチモニター画面の設定方法を知る
YouTube再生する時にアンチエイリアスで改善して見ることができますが4K動画が提供するすべての可能性備えた状態で見ることがはできません。

 

グラフィックスカード

グラフィックスカードは方程式の2番目に重要な機材です。一つではなくGeForceGTXファミリ(GeForcGTX970以降)に属するハイエンドNIVIDIAをおすすめします。
ただし会社の最新危機の統合カードでは60Hzで4Kを再現する機能が組み込まれているので充分です。
グラフィックカードが解像度をサポートし4Kタイプのコンテンツを表示するためのコーディックと互換性がある必要があります。
デコードできない場合はワークロードがCPUによって実行されるため問題が発生します。プロセッサビーストがいない限り問題を起こす可能性があります。

 

プロセッサー(4K用CPU)

プロセッサープロセッサーに関しては、i5以降が推奨されます。また、Kaby Lakeファミリーのi3は、統合されたGPUを備えた10ビットハードウェアでHEVCのデコードが可能です。

何が起こるかというと、GPUの能力と特性に応じて、4Kファイルを開くために解放できるCPUプロセスの数を増減できるためほとんどの作業がはじめにフォールバックします。要するに使用するGPUが統合に関係なく、使っているビット深度でHEVCコーデックでサポートしている限り高機能なCPUは必要ありません。

アクティブなプロセスを閉じて、動画再生の処理能力をそのビデオの再生に集中させることができますが、満足のいくエクスペリエンスを実現することはほとんどできません。

 

HDMIケーブル

HDMIすべての機材は4Kと互換性がある必要があり、PCを4K画面に接続するためのケーブルは少なからずあります。HDMIはバージョン1.4以降4Kと互換性がありますが問題があります。これは1秒あたり25または30 fpsに制限されています。映画の視聴には有効ですが、4Kでのビデオゲームやその他の突然の動きのあるビデオを楽しむにはあまり適していません。

オプションを最大限に活用したい場合は、HDMI 2.0ケーブルを入手する必要があります。このケーブルでは、フレームレートが最大60になり、転送速度が10.2Gbpsから18Gbpsになります。

 

RAM

RAM少なくとも4GBのRAMが必要であることを期待してください。ただし、最も流動的で安定したスムーズさを求めるなら8GBのエクスペリエンスが理想的です。8GB以降はこのタイプのコンテンツを視聴するのに当然問題はありません。

 

PCまたはMacで4Kビデオを再生するためのおすすめソフトウェアは?

吹き出し女性

ソフトウェア形式のメディアプレーヤーの中には、4Kビデオをサポートするものがすでにいくつかあります。元々初めから入っているWindows10のプレーヤーが最初の選択肢かもしれませんが、有名なVLC(コーデックのサポートを組み込んだ最後のプレーヤー)や5Kプレーヤーなどがお勧めです。ただし4K動画の再生プレイヤ―などで最も人気のあるプレーヤーは、K-Liteコーデックパックと一緒に配布されるプレーヤーであるMPC-HCです。PCに問題がない方で、動画プレーヤーがすべての問題だと思われる場合はこれを試してください。

選択したプレーヤーに必要なコーデックがすべて組み込まれているか?など使用するソフトウェアのスペックについても注意してください。一部のプレーヤーでは、GPUがデフォルトでアクティブになっていないため、オプションでGPUのハードウェアデコードを手動でアクティブ化する必要があります。

 

4Kファイルはどこにある?

基本的で明白なポイントですが4Kビデオを見るには4K動画が必要です。現在は4K動画を配布している場所は非常に少ないですがYouTubeには4Kタイプの動画の特定のセクションがあります。そこからクライアントを検索して探してみるのも一つです。Blu-ray4Kディスクで使用されるDDRM保護システムであるAACS2.0保護のクラッキングのおかげで、ダウンロード可能な4Kコンテンツが少しずつ増えていきます。

またオリジナルディスク用のUHDBlu-rayプレーヤーを入手することもできますが市場には多くありません。一部のカメラは、スマートフォン、4Kで録画できます。それを保存して視聴したりすることができます。

 

HDD

映画はどのようなハードドライブに保存していますか?解像度4Kは、ファイルが非常に重いので軽いファイルではありません。そのコンテンツを保存するハードディスクの種類も、コンテンツの再生に関して決定的になる可能性があります。SSDへのアクセス速度はSATAハードディスクの速度と同じではありません。

映画を正しく読み込むには、ハードドライブが十分に高速である必要があるため、少なくとも7200rpmで動作するもの良いでしょう。

 

インターネット接続/ Wifi

ハードドライブにローカルに保存する場合の注意点についてはすでに説明しましたが、コンテンツストリーミングがこの品質で提供されるNetflixなどのオンラインストリーミングプラットフォームを使用する場合は、インターネット接続が良好な必要があります。

実際、このプラットフォームのストリーミングの場合、PCがHEDVをデコードできるだけでなく10ビットにデコードできる必要があります。4K動画のストリーミングは、最も高機能な動画配信サービスでのみ利用可能であることに注意してください。Windowsでは、Windows 10NetflixアプリケーションまたはMicrosoftEdgeブラウザーが必要です。

通常、他の動画配信サービスでもそのうちこのオプションが組み込まれるため、契約の帯域幅を確認することは4Kを楽しむために不可欠です。

 

PCまたはMacで4Kでビデオを視聴するための推奨事項まとめ

Windowsで4Kビデオを視聴するために必要なすべてのスペックを簡単にまとめました。推奨される機器の基本的なリストは次のとおりです。最新の4KおよびUHDムービーを再生しようとしてPC等が停止しないようにするために必要なのは以下の通りです。

  • 4KおよびHDMI2.0ケーブルと互換性のある画面。
  • NVIDIA GeForce GTX970グラフィックスカード以降。
  • プロセッサーi5(またはKaby Lakeファミリーのi3)以上および少なくとも8GBのRAM。
  • 4Kおよびすべての更新されたコーデックをサポートするメディアプレーヤー。
  • SSDハードディスクまたは毎秒25Mbps以上の帯域幅の良好なインターネット接続。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。