16個のおすすめ無料動画再生ソフトを比較!windows10対応高画質プレイヤー等

youtubeの動画再生時に読み込みが遅い、硬い時の対処方法は?


YouTubeが読み込みが遅い場合、硬くても動かない場合Windowsの10に問題がある場合が多いです。Youtubeのバッファリングの問題は珍しい事ではありませんが、高速インターネットを使用しているにも関わらず、インターネットの動画が遅い方はこの問題ではないかという事を一覧にしてみました。根本的な原因を解決するには、トラブルシューティングを行う必要があります。

Youtubeが遅いのはなぜか?6つの方法

吹き出し女性
YouTubeが遅いのはYouTubeのサーバー、YouTubeCDN自体に原因があって発生する場合もあるのですがブラウザキャッシュ、flashplayerが古い、ISPやファイアウォールでブロック、古いグラフィックドライバーなどで遅くなる原因となることがあります。

1.YoutubeのURLを変更する

YouTubeのサーバーに負担が掛からないURLにすると早くなる場合があります。

1.お気に入り動画のWebブラウザーを開き、ブラウザーのアドレスバーにリンクを入力します。

2.URLのwwwをcaまたはinに置き換えて、Enterキーを押します。

 

 

たとえば、このリンクhttps://www.youtube.com/watch=3sにアクセスする場合は、次のようにURLを変更する必要があります。

https://ca.youtube.com/watch=3s
https://in.youtube.com/watch=3s

にするという事ですね。

 

2.ブラウザのキャッシュと履歴をクリアする

ブラウジングデータが長期間クリアされない場合、YouTubeの実行速度が低下する可能性があります。

 

1. Google ChromeやFirefox、Internet Explorer の方はCtrl + H」を押して履歴を開けます。

 

2.左側のサイドバーに出たりそのままそのページにジャンプしたりしますのでそこから[閲覧履歴データの消去]をしてください。

削除するのは

・閲覧履歴
・ダウンロード履歴
・Cookieおよびその他の種雄牛およびプラグインデータ
・キャッシュされた画像およびファイル
・フォームデータの自動入力
・パスワード

等ですがパスワードとかを消すと後で面倒という人はそれ以外を削除してください。

 

3.ブラウザを一度閉じ、PCを再起動して変更を保存します。

もう一度ブラウザを開いて、PCでのYouTubeの実行速度の低下を修正できているか確認ください。

 

3.Adobe FlashPlayerをアンインストール

古いフラッシュを使用すると、「YouTubeのPCでの実行速度が低下する」問題が発生する可能性がありましたし2021年からサポートされていないので入ってる方はアンインストールしましょう。

アンインストールはこちら

ちなみに現在はHTML5がその代替となっています。

 

4.YouTubeビデオの品質を変更する

YouTubeサイトはサーバーへのトラフィックが負荷になることがあるため、YouTubeのバッファリング、フリーズ、ラグなどが発生する可能性があります。これを解決する方法は、YouTubeビデオを軽い低画質で視聴することです。YouTubeサイトへのトラフィックを制御することはできませんが、ビデオ設定で低画質することはできます。品質設定で「720pまたは360p」を選択するか、「自動」を選択してインターネット接続に応じてYouTubeがビデオの品質が自動的変更になるようにしておきます。

 

1.見たいビデオを開きます。

2.次に、YouTubeビデオプレーヤーの右下にある歯車アイコン(設定)をクリックします。

3.画質をクリックして自動、もしくはピクセルを選択できます。

 

YouTubeイメージ

 

5.YouTubeCDNをブロックする

通常、YouTubeビデオを視聴するときは、YouTube自体ではなくコンテンツ配信ネットワーク(CDN)という、ユーザーとコンテンツがロードされるCDNデータセンターとの間の物理的処理で再生されます。CDNをかえすとWebサイトの読み込み速度とレンダリングが向上するはずなのですがISPがCDNへの接続速度を低下させることがあります。これにより、YouTubeビデオの読み込みが遅くなったり、バッファリングの問題が発生したりします。とにかく、YouTube動画再生が遅い場合は次の手順に従って行って見ましょう。

しかしこれは玄人向きなので素人の人はスルーしてください。

 

1.コマンドプロンプトを開きます。(スタート⇒Windowsシステムツール→コマンドプロンプト)

 

2.ユーザーは、「cmd」を検索して下記の記述をしEnterキーを押すことにより、この手順を実行できます。

netshadvfirewallファイアウォール追加ルールname = “Troubleshooter” dir = in action = block remoteip = 173.194.55.0 / 24,206.111.0.0 / 16 enable = yes

 

3. Enterキーを押すとすぐに、上記のルールがファイアウォールに追加され、ISPから上記のIPアドレス(CDNの)への接続がブロックされます。

 

4.それでも問題が解決しない場合、または元の設定に戻したい場合は、次のコマンドを使用します。

netshadvfirewallファイアウォール削除ルール名=”トラブルシューティング”

 

5.終了したら、cmdを閉じ、PCを再起動して変更を保存します。

 

6.グラフィックカードドライバーの更新

(グラフィックカードドライバーの更新方法)

1.Windowsキー+ Rを押して から、devmgmt.mscと入力し、Enterキーを押してデバイスマネージャーを開きます。

 

2.次に、[ディスプレイアダプタ-]を展開し、グラフィックカードを右クリックして、[有効にする]を選択します

3.これをもう一度行ったら、グラフィックカードを右クリックして、[ドライバの更新]を選択します。

4.「更新されたドライバーソフトウェアを自動的に検索する」を選択し、プロセスを終了させます。

5.上記の手順で問題の解決に役立った場合は、問題が解決した場合は続行します。

最新のドライバーであった場合は問題ありません。

最新でない場合は最新のドライバーを選択し、 [次へ]をクリックし問題を解決してください。

プロセスを終了した場合はPCを再起動して変更を保存します。

これでyoutube 動画再生 読み込みが遅い硬い場合の対処方法6つとなります。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。