16個のおすすめ無料動画再生ソフトを比較!windows10対応高画質プレイヤー等

MPC-BE(Media Player Classic Black Edition)日本語無料ダウンロード方法と使い方!windows10


MPC-BE(Media Player Classic Black Edition)はMPCの類似派生版です。同派生版のMPC-HCと違いリニュールが今もされている。

Media Player Classicの最新ソフトを探されている方はこのMPCーBEを使うと良いでしょう。

 

開発者:Gabest 現在はファンベースコミュニティが行っている
開発国:アメリカ
対応OS: Windows vista,7~10
対応形式:
flv、ogg、mp3、amv、dsm、aif、amr、au、ts、wav、mka、mid、mpg、asf、ape、divx、m4a、ofr、ra、alac、tta、wv、webm、ivf、d2v、mkv、wmadrc、flimp4、m4v、3gp、ogm、flac、mov、mpa、mp2、、m2v、ac3、ratdvd、rm、raq、swf、smk、avi、wmv、aac、mpc、rmvb

 

吹き出し女性

現在はコミュニティだけで運営してるソフトですが元々はMPCという動画再生ソフトの人気が高く有名な開発者のgabestから引き継いだものです。運営として企業が行っているというわけではないので信用性などは不安がありますが現在でも随時更新し続けているソフトではあります。アクティブという事です。

人気の理由は軽さでしょう。このソフトは軽くCPUも数パーセントで稼働するためにPCの負担がほとんどありません。他製品と比較すると良く分かります。機能性としては差ほど驚くような機能はありません。解像度に合った画面で表示されたり字幕機能や静止画のキャプチャ保存などどのソフトでもありそうな機能です。動画再生するファイルも特別多いわけではありません。しかしオープンソースなので詳しい人はデコードなどのチューイングはしやすいのかもしれません。

 

MPC-BE(Media Player Classic Black Edition)ダウンロード方法(日本語対応)

MPC-BE(Media Player Classic Black Edition)のダウンロード方法を説明致します。

MPC-BEは運営は個人チームなので特に公式ページがなくオープンソースコミュニティの「SOURCEFORGE」でダウンロードをします。

 

1.こちらのページの「Downlord latest Version」をクリックして最新バージョンをダウンロードしてください。

 

2.こちらからインストーラー「MPC-BE.1.5.8.6302.x64-」のZIPファイルがダウンロードされました。ダブルクリック等をして解凍してください。

解凍されたフォルダはコチラとなります。この中の「MPC-BE.1.5.8.6302.x64.exe」をクリックするとインストールが開始されます。

 

MPC-BE(Media Player Classic Black Edition)インストール手順!

 

1.日本語対応にするかしないかは一番最初のこの設定で決まります。「日本語」でOKボタンクリック!

この設定をしないと他の言語になってしまいますので注意しましょう。

 

2.大抵ソフトをダウンロードしようとするとこの使用許諾に同意しなければいけません。結構有名なプレイヤーで使っている人も多いので特に不安を覚える必要はないですしセキュリティ検査なども異常なしが出ています。「同意する」⇒次へをクリック!

 

3.MPCを貯蔵しておく場所ですがアンインストールする時用に覚えていなくともプログラムでちゃんと削除してくれるので神経質になる必要ないでしょう。

どこでも良いので「次へ」クリック!

 

4.いろいろチェックする項目があると考えてしまいますが初期設定のままで大丈夫です。特に変更なしで次へをクリック!

一応内容だけ伝えておくと

・アイコンライブラリー

ツールバーなどにアイコンを置くと表示される画像

翻訳

日本語対応に最初指定しましたがここを外してしまうと日本語になりません。

・動画ファイル・音声ファイル、プレイリスト関連付け

動画や音楽、プレイリストを開こうとするとMPCで立ち上がる機能

・シェル拡張のインストール

右クリックした際に出てくる窓に「コマンド」が追加される

・H.264 MVC 3D デコーダー(追加ダウンロード)

3D用のデコーダーですね。規格なので必要がある方は追加でダウンロード

 

5.スタートメニューに表示させたくない人はチェックを入れて「次へ」。

 

6.デスクトップにアイコンがあるとすぐ立ち上げられるのがうれしいので私はチェックを入れて「次へ」クリック!

7.準備が完了したのでインストールを実行するという事です。「インストール」クリック!

しばらく経つと終わりますのでこの画面が出てきたら完了してください。

MPC-BE(Media Player Classic Black Edition)ウイルス等の安全性は?

ウイルスなどの安全性は特にコミュニティで直接的な被害にあったという人はいません。私も実験的にダウンロードし確認はしましたが広告が入るなどもなく高機能なカスペルスキーというソフトでも反応はありません。このソフトにはソフトごとの評価がありこのようなデーターが出ます。ダウンロードしている人は意外と多いですね。1000人を超えるユーザーが信頼済みと出ています。これで見る限りだと一先ず安心のソフトです。

MPC-BE(Media Player Classic Black Edition)評価評判は?

先程のデーターは使用されている地域まで出ますが日本人が4割近くもいますね。その他世界各国で使用されている評価の高いソフトと言えます。

他のソフトも同じように検査をしましたが1,000人以下のユーザー数と表示されているものも多かったので評判は良い動画再生ソフトなのでしょう。

ソースが公になっているオープンソースなのでテコ入れが出来ない分信頼性が高く、玄人の方にはいじりやすい自由度の高いソフトとなっているという事もあるでしょう。

吹き出し女性
初心者レベルの私からすると早い軽いという点は利点です。
しかしながら他の動画再生ソフトと比較するとそこまで優れているプレイヤーには感じません。
軽いだけなら当サイトのトップページにはそれを超えるものがあります。
安全性やそこそこ利用者も多いソフトでそれ以上を望まない人にはおすすめです。

MPC-BE(Media Player Classic Black Edition)使い方を解説!

とても使い勝手の良いソフトですのでパッと見てパッと操作できる仕様になっています。
動画プレイヤーで再生や早送りを見ただけで分からない方はあまりいないと思いすので他製品にない部分と使いたいツールだけを説明します。
★さまざまな形態の動画を開けます。
開けるデバイスはたくさんあります。
・ファイル/URLを開く
後述説明します。
・DVD/BDを開く
DVDを開く事ができます。BDはブルーレイの事です。
・デバイスを開く
お持ちのUSBメモリ―などを開く場合に選択
・ディリクトリをを開く
Cプログラムなどのディリクトリなどに入っている動画
・ISOイメージを開く
自分でISOファイルを作った方はこちら。
ファイルの形式が「.iso」の物。主にCDのトラックなどを一つにまとめたファイルなど
★YouTubeなどの動画サイトをこのMPC-BEで操作したいという場合
「ファイル」⇒「ファイル/URLで開く」をクリック
動画サイトのURLをコピーしこちらに貼り付けます。
OKを押せば動画内でYouTubeが再生されます。
★動画の画質を変える
動画をより高画質でみるために動画ごとに色の補正などができます。
この操作は動画を見ながら補正できる点が良いですね。
表示⇒オプション⇒補正して⇒OKボタン
基本的に他の操作などを行う事は滅多にないでしょう。
最低限度おさえておくべき操作使い方はこの上記の操作で充分です。

MPC-BE(Media Player Classic Black Edition)評価や評判

 

このMPC-BEは非常に分かりやすい操作とPCに影響を与えない軽さ、動画の鮮明さが評判の世界各国で使われている評判の良いソフトだと思います。

CPUも3.7~4.2%しか使いません。

私目線の感覚ですが他の動画プレイヤーと比較すると動画が高画質です。

少し玄人の方はオープンソースで分かりやすいのでコーディックなどを入れながら自分好みで操作する人も多いのではないでしょうか。

動画を再生するだけならとてもバランスの良い動画プレイヤーです。

個人ネットワークで構成されているソフトであるのにも関わらず使用している人も多いことを考えると評価は高いソフトです。

しかしトータル的な評価を考えますと企業ではないのでセキュリティも含め責任能力という点で不安を感じます。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。