16個のおすすめ無料動画再生ソフトを比較!windows10対応高画質プレイヤー等

QuickTime旧バージョンダウンロードやアンインストール方法!セキュリティは今も安全?


QuickTime Playerは、ビデオファイルを再生するためのマルチメディアフレームワークであるソフトウェアです

しかしアップル社が開発した素晴らしい動画プレイヤーであったが現在はサポートを終了しています。2014年での終了なので大分経過しています。

基本的にサポートが終了しているものは脆弱性を付かれてウイルスが入りやすいものですのでAppleはコチラのソフトをアンインストールして削除してほしいというアナウンスが流れている。

それでも一部の方は未だに使用しているという状況ですが現実トレンドマイクロなどのセキュリティ会社は脆弱性を付かれる内容も明確に公開している。

 

開発者:Apple
開発国:アメリカ
対応OS:   Windows10~7、XP、 Vista 、Mac
対応形式:mp3、wav、aiff、3gpp2、mov、mov、avi、flac、jpeg、mp4、3gpp
吹き出し女性

Apple社が行っているぐらいなのでセキュリティは万全でしたが現在はサポートが終了しているという事でリスクがを承知で使用しなければいけません。現にトレンドマイクロで脆弱性を検知しています。ですから現在は多くの無料プレイヤーが存在しますのでわざわざquicktimeplayerを好き好んで使う必要もなく他のプレイヤーを使用する方を良いと思います。機能も特別すごいわけでもありません。iTunesを再生する際に昔はquicktimeが必要だったのですがiTunes10.5からquicktimeプレイヤーが必要ではなくなっています。またそれ以前のiTunesでもquicktimeを連動させようとすると容量が33MBに膨れ上がり不評でした。ちなみにMac版のquicktimeも2018年にサポートを終了しています。

 

QuickTime旧バージョンダウンロード方法

 

古いQuickTime旧バージョンのダウンロード方法を解説します。旧バージョンではあるがなるべく最新のバージョンであり公式ページから入手した方が良いと思います。

公式ぺージはコチラの画面となります。ちゃんと日本語に対応しているアプリケーションがダウンロードできます。

 

1.日付が一番新しいquicktime(QuickTime for Windows 7.7.9)の黄色枠の場所を「ダウンロード」を押します。

 

2.私はデスクトップに一旦置きました。こんな感じのアイコンです。「QuickTimeInstaller.exe」

 

ダウンロードが出来ましたら次はインストールです。

 

QuickTime旧バージョンインストール方法

 

1.Quicktimeのインストーラへようこそ。「次へ」を押します。

 

2.使用許諾契約「はい」をクリック

 

3.標準とカスタムが指定されますが簡単に行いたい方は「標準」をクリックすれば問題ありません。

 

4.これでインストールを初めて良いですか?quicktimeに入れたいのはCプログラムで良いですか?という質問となりますのでOKなので「インストール」をクリック!

 

5.デスクトップ上にquicktimeのショートカットがこれで出来ているかと思います。「完了」をクリックしてください。

これで終了です。Quicktimeプレイヤーをお楽しみください。

 

Quicktimeを一番最初に立ち上げるにこのような画面が出ます。

apple社の商品ですからそれに関連するものが関連づけられているようです。

再生するだけではなく色んな機能と併用して使いたい方は「はい」をクリックしておきましょう。

その際はまたこういった画面が開くと煩わしいので「このダイアログを今後表示しないようにするには・・」の左横にチェックを入れておきましょう。

 

 

QuickTimeアンインストール方法

アンインストール方法を解説します。

 

1.Windows10の場合のアンインストール方法ですが他のWindowsも基本的に同じ作業です。

下図のスタートメニューから設定⇒アプリの順にクリック!

 

2.Quicktime7の場所の「アンインストール」をクリックすれば削除可能です。

 

削除の仕方は簡単ですね。あっさりとアンインストールができました。

 

今のQuicktimeplayerウイルスなど安全性は?

安全性は冒頭でも説明したようにサポートがだいぶ前に終了している点と現実に大手セキュリティ会社トレンドマイクロが脆弱性を発見している点を考えれば安全性としてはないと考えた方が良いでしょう。

セキュリティ大手カスペルスキーでも検索してみました。

結果は下記のようになりました。

 

まず驚くのが100万人を超えるユーザー数です。しかしよく見ると署名日が2015年12月16日と署名されているのでデーターとしては2015年以降は無いという事になります。

やはりセキュリティに関してカスペルスキーも現在はデーターがないという事でしょう。

現在使用しても大丈夫かという問いの結論としては「現在は使用したらウイルスに侵入されるリスクを承知しなければいけない」という事になります。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。